105cm巨尻で極太ももを持つドS女が体重42kgのガリM男を全体重で馬乗り潰し! グレイテスト・ヒップ!!!ギロチン顔騎処刑 藤川絵美

作品レビュー(シーン抜粋)

 

105cmの巨尻と極太ももを持つドS女

の寝込みを…

体重42kgのガリM男が襲う!!

 

そんなことをしたら、どういう結果が待っているのだろうか…?

 

 

・・・・・・・・・・・

 

 

ガバッ…!?

105cm巨尻を持つドS女藤川絵美の寝込みを襲うガリM男。

むっちりとした極太ももに挟まれたくて、グッと力を込め持ち上げようとするが、ガリM男では非力すぎてなかなか持ち上がらないw

 

それでも、グリグリと頭をねじ込み、なんとか極太ももに顔を挟むことに成功する…

 

が…

ーーうげぇ?

予想以上に重くて極太ももを乗せられただけで結構な圧迫感!

 

寝返りを打たれると、そのままガリ男の首が持ってかれ、ギロチン状態w

しかも自力では抜けなくなっているw

それほどまでに体格が違うのだ。。

 

「んふっ♡」

寝ているふりをしていたドS女藤川絵美も、ガリM男が非力すぎて、思わず吹き出してしまったw

 

ーーうぐっ負けない!

ガリM男は、男の意地を見せ、本気で股をこじ開けようとするが、はっきり言って力の差がありすぎて、単純なパワーでは全然歯が立たない。

仕方ないので、お尻をくすぐるような攻撃w

 

「んふっ♡ちょっと…くすぐんなよw」

巨尻ドS女が根負けし、なんとか極太ももの間に挟まることに成功するガリM男…

 

ーーやった!

 

だが…

「おりゃ♡」

極太もも絞めでおしおきを始める巨尻ドS女。

 

先ほど、極太ももの重さだけで潰されたガリ男…そんな極太ももで絞められたら…

 

ーーうぐぅぅっぅう!痛っいでぃ~~!!

めちゃくちゃ苦しそうな顔を見せるガリM男。

 

「ふふっ♡」

全身を使って首を振りながら、ほどこうとするガリM男だが、まったく抜け出せない。

巨尻ドS女の藤川絵美からしてみれば、腕も細く貧弱な小男など、“下半身だけ”で圧倒できるのだ!

 

 

そろそろこの展開に飽きてきた巨尻ドS女は、反撃に出ることに…

「お前何やってんだよ!おいっ!」

足で軽く小男の体を押しただけだが、かなり後方へと吹っ飛んでいくw

「アハハッ♡」

そんなに吹っ飛ぶとは思わなかったのだろう、思った以上に軽すぎて笑ってしまっているw

単純に体重差がありすぎるw

 

ーーぐっ…いつもやられてばっかだから!

と力の差を見せつけられたにも関わらず、もう一度向かっていくガリM男。

 

「んふっ♡やられたかったんだろ!」

力が弱く体が軽いので、またもや極太ももの餌食に…

 

ーーうぐぅ首がっ!

首を絞めたままひっくり返ると、それと一緒にガリM男もベッドの外へと押し出される。

この巨尻ドS女にとって、この小男は本当に軽すぎるのだw

容赦ないのが、ベッド外に押し出されたキツイ体勢のまま巨尻顔騎で押し潰そうとするドSぶり!

体重差があるので、そこから抜け出す力はガリM男にはないw

 

それでも、力が弱まった瞬間に、なんとか抜け出しベッドへと戻る小男…

 

だったが…

 

「ほれ♡」

戻ってきたところで背中に乗り、からかうような潰し責めw

前のめりになって肘をつき、顔面がベッドにめり込むガリM男!

そもそも42kgのガリM男にとって、体格の良いドS女の体重責めは1番辛いのだ…

重っ…w

体重差がありすぎて、馬乗りになられると身動きが取れないw

しかもただ馬乗りになるだけではない、飛び跳ねるのだ!

 

さらに、足を浮かせ、全体重でそんなことをされたら、このガリガリな小男ではひとたまりもない…

グシャ…

体重だけで小男を押し潰した…

まさに、体格差を使ったリアルな体重責めでガリM男をねじ伏せたシーンだw

 

そして、このシーンから小男が奴隷のように少しおとなしくなり始めた…

圧倒的体格差でボコボコにされて、もう勝ち目がないと悟ったのだろう。

下半身のみでさえ、歯が立たなかったのだ…全身を使われたら簡単に負けるのは当たり前だ。。

 

 

「な~んでイタズラしたの~?w」

「大好きな太ももで挟まれたかったんでしょ~!♡」

ーー痛っ!いてってて!スイマセンッ…うげぇ!!

力の差はわかっても、ドS女の藤川絵美のガリM男イジメは終わらない…

二度と逆らわないように、しっかりと痛めつけておくのだ!

 

「イタズラしたらどうなるかわかってんだよね?ほらっ♡」

ドS女藤川絵美の圧迫責めは本当に容赦がなさすぎる…

これだけ体重や筋力で圧倒していても、ガリM男を絞めるのも潰すのも全く躊躇なし!

 

ーーごほっごほぉ!

本当にヤバそうな息遣いで逃れようとしているにもかかわらず、構わず全体重を乗せるドSぶりはさすがだ。

極太ももを乗せられただけで、苦しそうな重そうな声…しかも本気で抜け出せないw

体格差がありすぎだw

 

ーーうぐっ…すっすいません!

「ん?まだだよな♡」

死にそうな顔もお構いなしに、再び105cm巨尻窒息潰し

苦しくて、少し空気の隙間を開けようとしても、腕力で押さえつけられ力ですら勝てない…

いざとなれば男の力で…などという次元ではないのだ。

 

・・・・・・・・・・・

 

これだけ圧迫の手を緩めない作品も珍しい…

しかも小男が42kgと本当に体格差で圧倒されているので、完全な本気負けだ。

抵抗しても、潰され、腕力で押さえつけられる…

 

こんな105cm巨尻ガチムチ極太ももを持ったドS女であれば、貧弱な男は力づくで本当に奴隷M男にされてしまうだろう。。

DUGAについて詳しく知りたい方はコチラ

厳選フェチシーン