むちむち長身美女のM男鎖縛罵倒メッタ責め 坂本理沙 【ガチムチ極太ももの踏みつけ重量がヤバい】

作品レビュー(シーン抜粋)

 

「おい勝手に触ってんじゃねーよ、窒息させてやるよ!」

1m越えの巨大ヒップを持つ、173cmのむちむち長身美女の坂本理沙…

拘束したM男にドカッと体重を掛け圧迫責めでおしおき!

「ほらっ♡顔が見えなくなっちゃったw」

ーうぅ…

ジタバタしても、このむちむち長身ボディはビクともしない。

それどころか、重すぎて首が折れそうだw

 

「私は人間椅子ですって言えよw」

息を吸う時間が短すぎて、本気で「どかして」というような感じでお尻を触るが…

 

「触るなってw」

絶対どかない鬼畜ぶりw

腹に乗っただけでもかなりキツイそうだ。

「ほらっw」

と腹の上で巨尻を上下させ、飛び跳ね!

デカい重い

少し跳ねられただけで、ものすごく苦しそう。

 

「どさくさに紛れて触ってんじゃねぇよ!」

ドスンッ!

デカ足で思いっきり腹を踏みつける!

その衝撃でM男の全身が波を打つ…

ーぐぉぁ!!

さすがにこのむちむち長身巨体の踏みつけはヤバいw

 

さらに、そのまま腹にデカ足を乗せようとすると…

ーあっ!それはやめてくださっ…

さっきまでの体重責めが本当に辛かったのか、マジでやめてというような恐怖の叫び!

 

だが、時すでに遅し…

ーうがぁぁあ!!

むちむち長身美女の全体重乗せ!

M男の腹が一気に沈み込む!

 

-ごっご…ごめっ…ハァハァ…

ー痛い痛いっ!!

足もデカいし、腹に掛かる圧力も尋常じゃない。

 

「ほらぁ!♡」

ーうぎっ…はぁはっ…

腹に力を込めるだけで精一杯、まともに声も出せなくなってきた…

 

ーうっぅぅがぁあぁ!!

だが、必死に腹に力を込めても無意味なほど重いのだ。

しかも降りずに、ずっと乗っているドSぶりw

 

「せ~のっ!」

と声をかけると同時に、壁に掴まっていた手を離し、さらに重さを増す…

ギシギシ…と床が軋む音が聞こえてくる…

まだ全体重じゃなかったということか…!?

 

そして、むちむち長身美女が降りると同時にすぐさま…

 

ーぁぁっすいませんでしたっ!はいっわかりました!!

M男自身も何を言ってるのかよくわからなくなっているが、めちゃくちゃ苦しかったのだろう。必死にもう乗らないでというアピールw

 

だが、そんなガチの様子を見て、笑みを浮かべながらももう1回乗ろうとするむちむち長身ドS女…

「あぁ~あ乗り心地悪い椅子♡」

死にそうなM男を見て、もっとイジメたそうな顔をするむちむち長身ドS女。

 

しかし、改めてみてほしい…

このハンパないガチムチ極太ももだ…そして173cmの長身

そこらの一般男性よりも明らかに体重が重い。

この体格で、貧弱M男に全体重で容赦なく潰し責めをしたら、相当危険なのがわかるだろう。

 

このむちむち長身ドS女坂本理沙は、貧弱M男との体格差を知ってなお、ドスンドスンと踏みつけ、ビンタし、圧迫し続ける…

ただでさえハンパない重量なのに、手足を拘束され潰し責めを受け続けたら、そりゃあ本気で恐怖も感じるだろう。。

DUGAについて詳しく知りたい方はコチラ

厳選フェチシーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です